arduino arduinoリファレンス arduino基礎

【Arduino】map関数

投稿日:

こんばんは!

今回はマップ関数についてです。

map(value, fromLow, fromHigh, toLow, toHigh)

map関数はある範囲から別の範囲に再マッピングをします。

<パラメーター>

value:マップする数

fromLow:値の元の範囲の下限

fromHigh:値の元の範囲の上限

toLow:値の再マッピング後の範囲の下限

toHigh:値の再マッピング後の範囲の上限

全てのfromLowとfromHighの間の数値はtoLowとtoHighの間の数値に対応づけられます。

例えば1~100の値で返ってくるものを1~50に再マッピングしたい場合

のように記述します。

もしも50という値が返ってきた場合、xが再マッピングされてx=25となります。

また、map関数を使用して数値の範囲を逆にすることもできます。

例えば

のように記述すると、10という値が返ってきた場合、再マッピングされx=40となります。

使用例

Arduinoのアナログ入力の範囲は0~1023、アナログ出力の範囲は0~255なので、アナログ入力で得た値をそのままアナログ出力で使用したい場合、次のようなプログラムとなります。

 

-arduino, arduinoリファレンス, arduino基礎

Copyright© 物を作る者 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.