eclipse Java

javaの開発環境「eclipse」のインストール方法

投稿日:

今回はJavaの開発環境である「eclipse」のインストール方法について解説します。

JDKのインストール

eclipseのインストールの前にJDKのインストールをします。

すでにJDKのインストールを終えている方は読み飛ばして結構です。

まずOracle社のサイトからJDKにアクセスして

「Java SE Downloads」のJava Platform(JDK)13の「DOWNLOAD」クリックして下さい。

「Accept License Agreement」にチェックマークを入れ、自身の使っているOSのexeファイルを選択するとダウンロードが始まります。

ダウンロードしたらexeファイルを開いて指示通りにインストールを進めてください。

 

次に環境変数の設定を行います。

最初にインストールしたファイルのアドレスをコピーしておいてください。

バージョンによって違いますが今回は「C:\Program Files\Java\jdk-13.0.1」のようになっています。

 

タスクバーの検索窓に「環境変数」と入力して「環境変数の編集」を開いてユーザ環境変数の「Path」を選択して編集をクリックして下さい。

 

先ほどのアドレスの最後に\binを足して「C:\Program Files\Java\jdk-13.0.1\bin」のようにして環境変数を追加してください。

 

次にタスクバーの検索欄に「システム環境変数」と入力して「システム環境変数の編集」を開いて下部の「環境変数(N)」をクリックして下さい。

先ほどと同じ環境変数というウィンドウが出てきます。

「システム環境変数」に「JAVA_HOME」があれば先ほどと同じように「編集」から、「JAVA_HOME」がなければ「新規」を選択して変数名を「JAVA_HOME」としてください。

変数名は先ほどのアドレスにしてください。\binは足さなくて大丈夫です。

これでJDKのインストールは終わりです。

コマンドプロンプトを開いて「java -version」と入力して下図のようにバージョンが出てくれば成功です。

 

eclipseのインストール

これは簡単なのですぐに終わります。以下のサイトにアクセスしてください。

http://mergedoc.osdn.jp/

最新版をクリックして下さい。本記事執筆時点では「2019-09」が最新のものなのでこちらを選択します。

JavaのFull Editionを選択してください。

クリックするとダウンロードが始まるのでしばらく待ちましょう。結構時間がかかります。

ダウンロードが終わったらzipファイルを解凍してください。

解凍が終わったらeclipse.exeを起動すればeclipseを使用することができます。

解凍がうまくできない場合

私は解凍するときにエラーが出てうまくできなかったのでフリーの解凍ソフトを使用しました。

同じようにエラーになっている方は以下のリンクからフリーの解凍ソフトをインストールして使ってみてください。

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/lhaplus/

-eclipse, Java

Copyright© 物を作る者 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.