スポンサーリンク




雑記

最も多く表示されているHTTPエラーコードとは? TOP5を紹介

Webサイトにアクセスしようとすると時々、エラーメッセージが表示されて、アクセスできないことがあります

ほとんどのエラーはサーバーの問題ですが、種類が色々あり、専用のコードがあります

例えば「404」は閲覧しようとしたページが存在しないことを示しています。
これは、ページのリンク作成者がミスをしていた場合や、閲覧者がリンクを間違えた場合に起こります

みなさんは、世界で一番表示されているエラーコードは何だと思いますか

調べてみると、「The Five Most Common HTTP Errors According to Google - Pingdom Royal」において、Webページにアクセスする際に最も多く表示されるエラーコードHTTのトップ5が発表されていました

Googleのデータを根拠にしているようです

気になる順位はこちら

  1. HTTP Error 500
  2. HTTP Error 403
  3. HTTP Error 404
  4. HTTP Error 400
  5. HTTP Error 401

順番に何のエラーなのか簡単に説明していきます

HTTP Error 500

内部サーバーのエラー全般はこのコードです

プログラム本体へのアクセスはできているが、実行ができない場合に発生するエラーです

Webページの内部で何かエラーが発生していてうまく表示できないときに発生します

 

HTTP Error 403

アクセス禁止のコード

Webサイト上のアクセスが禁止されているディレクトリにアクセスしようとしたときなどに発生します

 

HTTP Error 404

Webページが見つからないときのコード

存在しないWebページにアクセスしようとしたときに発生します

原因としては、リンクの時間切れ、URLの入力ミスなどが多いです

 

HTTP Error 400

クライアントエラーのコード

クライアント側のブラウザや端末に問題がある場合などに発生します

他のエラーに分類されないものが多く、このエラーの原因を見つけることはなかなか大変です

 

HTTP Error 401

アクセスが許可されていないときに発生するエラー

403と似ているように見えますが、401はアクセス方法に失敗した場合によく表示されます

一般的にはログインに失敗した場合などに発生します

 

まとめ

今回は最も多く表示されているエラーTOP5を紹介しました

皆さんの良く遭遇するエラーはTOP5に入っていましたか?

私は404を一番多く見かける気がしますが、3位でした

少しでもHTTPエラーコードが理解出来たら幸いです

最後までお読みいただきありがとうございました

 

参考:https://www.pingdom.com/blog/the-5-most-common-http-errors-according-to-google/

スポンサーリンク




-雑記

Copyright© 物を作る者 , 2021 All Rights Reserved.